○つれづれてい○

思うがままに絵や文を書き散らしていきます。

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

[edit]

CM: --
TB: --
                                            

page top

ヘタリア23話 

2009/06/29
Mon. 01:08

23
「ヘアリア23話の感想だ。・・・出来は良くないが読んでくれたら嬉しい。以上だ!」

という訳でドイツです。完成して良かった!
危うく2回目で挫折するところでしたよ!早いよ!

どいつさん。大好きですええ大好きですとも。
何と言うか、真面目で堅いイメージがありますが、と言いますか実際そうなのですけど、
たまに(?)全力でボケるところが最高ですw
枢軸ツッコミ不在状態が大好きです。面白すぎる。和むv

イタちゃんに振り回されながらも、ちゃんと面倒をみるどころかフォローしてというか行動を共にしているところも好き。優しい!

うん。何と言っても真顔でのボケが最高ですね。
普段は真面目なので、皆がぐだぐだしていればツッコんだりして場を纏めてくれるし、
ボケるとそれがオチになってくれるし、とてもバランスのとれた良いキャラクターだな。と思います。

次回は爺ちゃんで行きます。行きますよ!(自分に言い聞かせてます)


本編。
・リヒテンシュタインと素敵なお兄様
リヒテン可愛いよ!大好きです。
リヒテンを見ていて自分は妹キャラが好きなのだな。ということに気がつきました。
ギアスのナナリーとかガンダム種のメイリンとかステラとか。ステラは妹ポジション的な意味で。
うん、気付くの遅いね。とりあえずステラは可愛すぎる。

話がそれましたが。冒頭の髪を切り落とすシーン。ちょいと怖いよ。
少しベラさんを彷彿とさせました。三つ編みのまま切り落とすのが怖いんだよ・・・何故あんな演出をwインパクトは大きいですけど。

「服お揃いー」がなくて少し残念。
あとスイスの顔に少し違和感があるなあ。

BGMがクラシカルな感じで良かったです。リヒテンらしい感じで。
と言いますか、「リボン」の文字が下手くそなのは何か意味があるのでしょうかw
何か妙に気になりました。


・トマトを食べ続けると
イタちゃん可愛いなvただあの笑い声は何ですか。犬?怖いよw
そしてイタちゃんに「イギリスの野郎」と言われるイギリスが大好きすぎる。
一体どんなピザを作ったのか気になりますw


・くるんがひっかかる
ロマーノ久々!ロマーノは格好良いなあ!
そして口が悪すぎるwあの兄弟、中の人が同じなんですよね。凄い!
ロマーノイタちゃんにめっちゃ頭突きしてますがwあれ痛いだろ・・・
イタちゃんも「苦しい!」て言ってますがそこはむしろ「痛い!」だと思うw

と言いますかドイツ。「兄ちゃんのが・・・取れなくて・・・痛い・・・外して・・・?」
繰り返すなww
そして「髪の毛だったか・・・」一体何だと思ったのか。
いやあ中々細かいネタまでやってくれて嬉しいです。
あとこのドイツの格好が何か好きです。可愛い。


・Cパート
お、スイスと貴族の幼少時代をやるのかな?the本でなくweb準拠で行くのでしょうか?
どちらでも楽しみ。リヒテンをもっと!それにしても「つづく」ってのは一体何話に続くんだかw

あーリヒテン可愛いなあ。待ち受けもリヒテンで幸せです。
でもやっぱり原作の絵柄の方がいいなあ。原作リヒテンは、何と言うか無条件に守りたくなるオーラが出ているというかw
アニメは少しキリッとした印象があります。


アニメ感想は以上です!


んでんで、最近竹林の更新が多くて幸せですv
ロマーノと親分可愛い!!カメ可愛い!親分子分大好きです。和むv
あと姐さん可愛い!凄く女の子らしくて可愛いです。大好きです。ああいうほのぼのした絵いいなあ・・・。

あとラフ絵最高!!皆可愛すぎますよ!

さあ、そろそろイギリスの出番じゃなかろうか。全力で待ってる!
そしてジャケットもそろそろ来ていいんじゃないかなー。待ってる!
スポンサーサイト
拍手する

[edit]

CM: 0
TB: 0
                                            

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://naggysa.blog46.fc2.com/tb.php/5-5441786d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。